建築基準法 第12条 定期報告

  • メリット
  • 価格表
  • お申し込み・業務の流れ
  • Q&A・お役立ちリンク
  • 外壁調査
  • 防火設備点検

外壁調査

外壁調査対象

外装タイル等の劣化・損傷
これまで
手の届く範囲を打診、その他を目視で調査し、異常があれば「精密調査を要する」として建築物の所有者等に注意喚起
平成20年4月1日以降
手の届く範囲を打診、その他を目視で調査し、異常があれば全面打診等により調査し、加えて竣工、外壁改修等から10年を経てから最初の調査の際に全面打診等により調査
外装タイル等の劣化・損傷

・特定建築物定期調査(部分打診や目視等による)により異常が認められたもの
・建築物の竣工後10年を超えるもの
・外壁改修後10年を超えるもの
・全面打診等の実施後10年を超えるもの(外壁等の落下により歩行者に危害を加えるおそれのある部分)

外壁調査の方法には、打診調査・赤外線調査・ひび割れ調査等があります。
建物形状、立地条件に応じて調査方法の検討が必要です。詳しくは、下記お問い合わせ先にご連絡ください。

打診調査
仮設足場、ゴンドラ、高所作業車、ロープゴンドラ(ブランコ)等を使い、打診用ハンマーを用いて壁面を打診し、打診音により浮きを確認する調査
ひび割れ調査
目視調査により確認されたクラック箇所を、クラックスケールを用いてひび割れの幅を測定し、その長さを測定する調査
赤外線調査
赤外線サーモグラフィを用い、表面温度の微妙な差を読み取り、壁面の浮きを確認する調査
その他
シュミットハンマー等を用いる反発法や、肉眼もしくは双眼鏡等により壁面の異常を確認する外観目視法などもあります。

外壁調査の進め方

※1 確認資料:(1)外壁の仕様が分かるもの (2)立面図 (3)配置図

page top