TOPページ > 防火設備定期検査

防火設備定期検査

防火設備定期検査とは

防火設備は、火災による火や煙の被害を最小限に食い止めるとともに安全な避難を確保するための重要な設備です。
火災時に感知器やヒューズと連動して自動的に閉鎖(随時閉鎖式)または作動する以下の4設備を検査します。

  • 防火扉
  • 防火シャッター
  • 耐火クロススクリーン
  • ドレンチャーその他水幕を形成する防火設備

 

防火設備定期検査の検査対象

1. 防火扉

扉の開閉状況や感知器・連動制御器の作動状況、安全装置の作動状況など感知器と連動した防火扉の総合的な作動の状況を確認します。

  • 閉鎖の障害となる物品の放置状況
  • 煙・熱感知器との連動閉鎖確認
  • 自動閉鎖装置の状況
  • 建付け部分(本体と枠)の状況
  • 運動エネルギーの測定
  • 閉じ力の測定

2.防火シャッター

シャッターの開閉状況や感知器・連動制御器の作動状況、安全装置・起動装置の作動状況など感知器と連動した防火シャッターの総合的な作動の状況を確認します。

  • 閉鎖の障害となる物品の放置状況
  • 煙・熱感知器との連動閉鎖確認
  • 自動閉鎖装置や手動閉鎖装置の状況
  • 危害防止用連動中継器の電源の状況
  • 駆動装置(開閉器、ローラーチェーン)の状況
  • スラット、座板の変形等の確認
  • 危害防止装置の停止距離の測定
  • 運動エネルギーの測定

3. 耐火クロススクリーン

耐火クロススクリーンの開閉状況や感知器・連動制御器の作動状況、安全装置・起動装置の作動状況など感知器と連動した総合的な設備の作動の状況を確認します。

  • 閉鎖の障害となる物品の放置状況
  • 煙・熱感知器との連動閉鎖確認
  • 自動閉鎖装置や手動閉鎖装置の状況
  • 危害防止用連動中継器の電源の状況
  • 駆動装置(開閉器、ローラーチェーン)の状況
  • スラット、座板の変形等の確認
  • 危害防止装置の停止距離の測定
  • 運動エネルギーの測定

4. ドレンチャーその他水幕を形成する防火設備

ドレンチャーその他水幕を形成する設備の感知器・連動制御器の作動状況、安全装置・起動装置の作動状況など感知器と連動した総合的な設備の作動の状況を確認します。

  • 水幕形成部全体の周囲の状況
  • 散水分布障害の状況
  • 設置状況の確認
  • 排水の状況
  • 水源の状況
  • 加圧送水装置の状況
  • 自動閉鎖装置や手動閉鎖装置の状況

 

防火設備定期検査のポイント

  • 随時閉鎖式の防火設備の全数検査の実施
  • 検査終了後の復旧と所有者の確認
  • 大臣認定を受けた随時作動式の防火設備等も定期検査の対象
対象となる防火設備 事例

お見積もり・申し込み・現地検査・行政報告までの流れ

お見積もり・申し込み・現地検査・行政報告までの流れ

ビューローベリタスの強み

バリュー価格
まずはお見積りを!
全国どこでも対応
年間実績8,500件
大規模建築物も対応
10万㎡を超える建築物等

ビューローベリタスの強みをもっと詳しく

page top