ビューローベリタスの強み ビューローベリタスの電気保安推進会

Service

建物全体の劣化損傷、防災上の安全対策等について幅広く調査します
排煙設備・非常用の照明装置が火災等の非常時に的確に機能するかどうかを検査します
学校施設や社会教育施設、社会福祉施設、病院等について耐震安全性を点検します
火災時に感知器やヒューズと連動して自動的に閉鎖(随時閉鎖式)または作動する設備を検査します
外壁調査の方法には、打診調査・赤外線調査・ひび割れ調査等があります
消防法 第36条・第8条の2の2・第17条の3の3に基づいて点検、消防署長に報告することが義務づけられています
電気主任技術者の「外部委託承認制度」により、経済産業省から要件を確認された法人の有資格者が点検を行います
現場目視調査により建物の状況を把握、機器等の設置後の経過年数や保守状況を確認し、劣化状況評価を行います
屋外広告物の安全点検に関する指針(案)に則って点検を行います
 

ビューローベリタスの強み

  • 12条点検(建築基準法第12条定期報告)
    特殊建物にも対応
  • 年間実績12,000件*
    *2022年1月~12月実績
  • 既存建物の法定点検
    すべてサポート

ビューローベリタスの強みをもっと詳しく

  • コラム・BV MAGAZINE
  • セミナー
  • 建築確認検査・住宅性能評価
  • 不動産技術監査